Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c9125330/public_html/dandanbike.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【ドラクエウォーク】岐阜県のおみやげを回収してきた【白川郷、下呂温泉】 | DanDanBike
中部地方

【ドラクエウォーク】岐阜県のおみやげを回収してきた【白川郷、下呂温泉】

この記事は前回の記事の続き(2日目~)です。

読み始める前に、前回の記事を読むことをオススメします。

今日の予定

昨日は郡上八幡城黄金の織田信長像を獲得したので、今日は残りの白川郷下呂温泉を取りに行きます!

今日行く下呂温泉は今回の旅の目的地、且つ泊まるのを夢見ていた場所の1つだったので非常に楽しみです。

dan

というか旅館に泊まること自体5年ぶりぐらい。

不安なのが天気。

実を言うとこの日は午後から雨の予報。。。

というか昨日のことを考えると、いつ雨が降ってもおかしくはないので、雨に怯えながら走ることになりそう。。。

雨の中バイクで走るのは好きじゃないんすよね。

岐阜市~白川郷まで

時刻は5:30

この日は予報だと午後から雨予報だったので、朝早くに出発することにします!

もっと早くに出ても良かったんですが、昨日の疲れが溜まってしまったのと、白川郷が開くのは9:00からなので、

どっちみちこの時間からの出発が妥当かな?と。

岐阜市から白川郷までは、ほぼ岐阜県を縦断する必要があるのでかなりの移動。

距離的には130kmなので大したことはないですが、ほとんど峠道なので気が抜けないのが辛いところ。

dan

まあ、昨日の移動に比べれば大したことはないか・・・。

ほんとに今日は雨が降るのか?」と疑いたくなるほどいい天気。

今のところは雨は全然降らないですね。

でも確実に雨雲に向かって走っているので、雨が降るのは時間の問題でしょうね。。。

↑の画像では道の駅に止まってますが、時間が早朝なので開店しておらず残念。

dan

バイクで道の駅を巡るの好きなんだけどな〜。

時刻は9:00

白川郷に到着しました!

雨が降る前に到着できましたが、それでもいつ雨が降ってもおかしくない空模様。

dan

ここには3時間は滞在したいと思っているので、なんとか持ってほしいですが。

白川郷の駐車場からおみやげの位置を確認。

おみやげを開放するには白川郷の集落にいく必要があるので、ちょっと歩きますね。

白川郷の集落までは橋を渡っていきます。

岐阜県北部を流れる庄川を眺めながら渡るのは非常に気持ちいいですが、橋が結構揺れる。。。

この日はそこまで橋を渡ってる人がいないんですが、それでも中々の揺れ具合。

橋を渡るとお土産屋を横目に集落を目指していきます。

覗いてみたい気持ちはありますが、まだ来たばっかりなので、とりあえずスルー。

そっか。

白川郷ってアニメ『ひぐらしのなく頃に』の聖地だったんですね。

アニメは観てないので詳しく話せませんが、最近アニメをやったのでそのつながりでしょうね。

dan

白川郷とアニメって客層が違いすぎる気が?

そしてこのお土産通りを抜けると、ようやく集落が見えてきました!

白川郷

最寄り駅:高山本線高山駅

料金:無料(別途有料施設あり)

開場時間:24時間(施設案内所は9:00~17:00)

白川郷 公式サイト

https://shirakawa-go.gr.jp/

時刻は9:15

白川郷が開場した直後とあってか、人が少なくて非常に気持がいい。

雨が降る前に来れてよかったです。

その後はこの集落にある通りを歩きます。

合掌造りの家屋があったり、水車があったりとのどかな雰囲気が広がっています。

ちなみにこの通りはお土産屋さんはもちろんありますが、普通に民家もあるのであまり迷惑にならないように探索しましょう。

まだ朝ごはん食べてなかったので、いただくことにします。

白川郷はとにかく五平餅がそこかしこに売ってますので、それを食べます。

とはいえ、五平餅なんて全国どこでも名物として売ってるのでそこまで感動はせず。

dan

まあ、この日初めての食事だったので美味しいけども・・・。

その後は白川郷にある展望台に行く為、シャトルバス乗り場まで来ました。

展望台まではシャトルバスを使わなくても行けるには行けますが、距離が遠いですし、なにより坂道の連続なのでバスを使うのが効率的ですね。

dan

片道200円なので、小銭の用意は忘れずに。

展望台へは運転手さんの白川郷案内を聞きながら向かっていきます。

所要時間は5〜10分ほど。

dan

この道中にある藁葺き屋根の家には人が住んでいるのが面白い。

時刻は10:45

白川郷の展望台に到着しました。

よくジグソーパズルや絵葉書で使われている景色がそこには広がっていました。

画像中央にある道が、さっきまで僕が歩いていた場所ですね。

古民家と田んぼが合わさった景色は絵になりますよね。

dan

記念に1枚。

その後は白川郷をぶらぶらしながら12:00まで時間を潰します。

というのも、次に行く予定の下呂温泉の旅館はチェックインの時間が15:00なので、早く行っても入れないんですよね。

そして白川郷から下呂温泉までは2時間半ぐらいかかるので、12:00に出るぐらいがちょうどいいのです。

しかし天気がいい。

このまま下呂温泉に着くまで、雨に打たれずに済みそうです。

時刻は12:00

時間になったので白川郷をあとにします。

休日のお昼時だと言うのに、バイクで来る人は少ないですね。

バイク乗りにとってはあまり魅力がないのかしら???

まあ、そこらへんは気にしてもしょうがないので、次の目的地である下呂温泉に向かいます。

白川郷~下呂温泉まで

時刻は13:00

順調に下呂温泉に向かっています。

途中、素敵な水車郡があったので1枚。

こういう何気ない素敵スポットを見つけることができるのがバイクのいいところ。

dan

雨も降ってないし、快適です。

時刻は15:00

ようやく今日の宿に到着しました。

こじんまりとした宿ですが、逆に広すぎると外に出るまでが大変なのでこれぐらいでいいのです。

温泉のメインはなんと行っても温泉街なのだから。

dan

いい温泉に入りたかったら日帰り湯に行けばいいしね。

下呂温泉のマップを貰ったので、どこでご飯を食べるのか計画立て。

こうして見ると広いと思われるかもしれませんが、縮尺が大きいので十分歩ける距離です。

ですが、、、ここにきてようやく外が雨模様に。というか雷雨

しょうがないので、雨が止むまでの間、ここの温泉に入りますかね。

今回泊まった旅館のお風呂は、家族風呂と呼ばれる貸切風呂の形式を取っていました。

そのため、この広さのお風呂を独り占め。

この時間は人が少なかったこともあって、ゆったり浸かることができました。

dan

道中の疲れがお湯に溶けていく・・・。

温泉も堪能したので、外に繰り出します。

おみやげ開放もしたいところですが、まずは温泉街の探索。

いい感じに外も暗くなってきて街頭が灯ってきました。

dan

ここからが下呂温泉の本番って感じですね。

うんうん。

山の中の温泉なので、雰囲気がありますね。

こんな景色は雨上がりでしか見れないので、雨が降ってくれ良かったかも。

下呂温泉は温泉地ということもあって、所々に温泉が湧いています。

この日は気温が低かったので、手だけでも温めることができて、ありがたかったです。

意味は特にないですが、下呂駅に到着。

温泉地の駅なので、すごい豪華なんだろうなって思ったらその実あんまり。。。

まあ、逆にいい味を出してる説はありますけどね。

駅前にある『幸月本家』で生どら焼を購入。

中に桜味のフレーバーが入っているとても美味しいどら焼きでした。

探索をしていると、誰だかわからない銅像を発見。

しかしよく見ると石碑には『チャップリン』の文字が・・・。

調べてみると、下呂温泉にハリウッドのミラクルマイルを再現しようとして、その第一弾としてチャップリンの銅像を置いたみたいですね。

ほんとはもっと銅像を置きたかったらしいですが、計画が進まず、今はチャップリンの銅像のみとなっているらしいです。

dan

まあ、存在感としては大いにあり。

歩いていると『さるぼぼはうす』なるお店が!

さるぼぼは見た目が不気味だと思う人が多いようですが、僕としては日本にある民芸品の中でもトップクラスに大好きです。

この丸っこいフォルムに、何を考えているのかわからない表情?たまらないですよね。

dan

さるぼぼ好きな人は是非、来てみてください!

dan

記念に1枚。

その後は同じ建物内にあった焼肉屋で夕食。

岐阜県に来たら飛騨牛だけは食べたいと思っていたので、大好きな焼き肉で食べることに。

この時食べた飛騨牛はトウガラシという部位。

聞いたことがない部位ですが、脂肪が少なく、赤身肉のような噛みごたえがあって中々美味しい。

一緒に届いたビビンバにも飛騨牛が入っていてこちらも非常に美味しゅうございました。

dan

店内も広いし、快適でした。

その後、外に出てみると外はすっかり日が落ちて、街頭が輝く素敵な温泉街になっていました。

曇り空ということもあって、街頭がより一層輝いていたのが○。

dan

実にロマンチックな光景ですね。

dan

記念に1枚。

さて、そろそろ忘れない内におみやげの回収もしておきますか。

下呂温泉

最寄り駅:高山本線下呂駅

料金:旅館による

開場時間:旅館による

下呂温泉 公式サイト

http://www.gero-spa.or.jp/

これで下呂温泉の目的も達成。

岐阜県のおみやげもコンプリートです。

ここまで来るのは時間がかかりましたが、終わってみるとあっという間ですね。

おみやげをゲットした数分後、また雨が降り出したので急いで宿に戻りました。

部屋に着いたらその日の写真を見ながら、今までの旅行を振り返りいつの間にか寝落ちをしてしまいました。

明日からは神奈川に帰らないとですが、正直もう一泊して行きたい気持ちもあります。

う〜ん、迷う。

下呂温泉~神奈川まで

時刻は7:00

天気悪!

この日は結局神奈川に帰ることに。

予算の問題もありますが、この日の岐阜県は1日中雨予報なので、このままいてもしょうがないかな〜って思いまして。

近場にある足湯の下でくつろいでいたネコちゃんにもお別れを。

dan

メチャクチャ警戒していたので、触らせてくれませんでした。

正直ここからはまっすぐ神奈川に戻ったので、話すことはないですw

道中は雨が降っていたこともあってノンストップで帰りました。

途中はバイク乗りの聖地『ビーナスライン』に行ったり、山梨県の温泉地『ほったらかし温泉』に行きましたが、

あまり写真を撮れていなかったので、画像は少なめ・・・。

でも両方とも非常にいい場所で、特にほったらかし温泉はThe・自然温泉という感じでいい湯でしたね。

dan

まあ、下呂温泉に比べると流石に。。。

まとめ

以上で、岐阜旅行の報告は終わります。

いや〜w疲れましたね。

今回は久しぶりにバイクで1,000kmを超える工程を走ってしまいました。

10年前だったら問題なかったんですが、今だと流石にガタが来てしまいますね。

もっとゆっくり行けばよかったと少し後悔。

しかし、そんな後悔もこの画面を見れば吹っ飛ぶというもの。

これで岐阜県のおみやげは全てコンプリートしました!

今回の岐阜県で中部地方のおみやげは三陸以外はコンプリートできたので、非常に満足。

三陸地方は流石にバイクでは行けないので、新幹線を乗り継ぎながら行くことになるのかな?

能登半島とかバイクで行ってみたいですが、カブでは流石に遠すぎる。。。

まあ、ここらへんでいい区切りになったので、これからは少しペースを落としつつ、ゆっくりおみやげを集めていこうかと思います。

以上で本記事は終わりです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。